ギターのおすすめな6つの練習場所

Pocket

 

こんにちは、シンガーソングライターの山田啓太です。

Twitter→@PON1240

ギターを買って練習したいけど、どこでしたらいいのかわからない人は意外と多いです。

そこで、今日はそんな人のためにギターを練習するおすすめの場所を6つ紹介します。

公園や河原で練習

ギターを練習するおすすめの場所の1つ目は、公園や、河原です。

なぜなら、お金が全くかからないからです。それに周囲に民家がなければ、音を気にせず演奏できます。

ですから公園や、河原をおすすめします。

デメリットをあげると、天候に左右される所と、深夜に練習できないことです。

これは、野外なので仕方ないかもしれませんが、練習する時はこれをよく考えて練習場所に選びましょう。

公民館

ギターを練習するおすすめの場所の2つ目は、公民館です。

ちなみに、公民館とは市区町村が住民のために運営している施設のことを指します。

この施設の中に、住民が音楽を練習するための音楽室が用意されている場合があります。

しかも、公民館はカラオケボックスやリハーサルスタジオと違い、市村町が運営してます。

ですから、カラオケボックスやリハーサルスタジオよりも安く利用できます。

デメリットとしては、カラオケボックス程数がない所です。

お住まいの住所の近くに公民館がない場合もあります。よく調べましょう。

カラオケボックス

ギターを練習するおすすめの場所の3つ目は、カラオケボックスです。

カラオケボックスは歌うために作られた場所です。

ですから、ギターも遠慮せず大きな音を出すことができます。

私も、よくカラオケボックスで練習をしていました。

ギターを持っていると、お店の人も練習だと思ってくれます。

それに、常連客になると広い部屋を案内してくれることもあるかもしれません。

中でもおすすめは、フリータイムで利用することです。

この場合は6〜7時間利用できます。私が利用したお店の場合、6〜7時間の利用で1000円でした。

なので、なるべく長く、安く利用できるお店を探しましょう。

デメリットはお金がかかる所です。ただしリハーサルスタジオより安いので個人的には一番おすすめです。

車の中

ギターを練習するおすすめの場所の4つ目は、車の中です。

車を持っている人は、車内でギターを練習することもできます。

車内であればカラオケボックスやリハーサルスタジオのように利用するのにお金がかかりません。

しかも、天候にも左右されません。

デメリットはワゴンなど大きい車でないと演奏できない所です。

また、演奏していないのに車内に居るのは不自然です。

なので車を人通りの少ない場所に移動させる必要があります。

大きな車を持っているのであれば練習場所の候補にいれてもよいでしょう。

リハーサルスタジオ(音楽スタジオ)

ギターを練習するおすすめの場所の5つ目は、リハーサルスタジオです。

カラオケボックスと同様に1時間単位で借りられます。

リハーサルスタジオは、楽器や歌を演奏するための施設です。

「リハーサルスタジオ」と言うと特別なもので敷居が高いと感じるかもしれません。

と感じるかもしれません。

しかし、そんなことはありません。初めて利用する人であってもスタジオのスタッフの人が親切に教えて下さります。

安心してください。

古いですね(笑)

リハーサルスタジオのメリットは、防音対策がしっかりしている所です。

カラオケボックスのように音漏れなどの心配はありません。

それに、音響設備が整っています。

例えば、ライブハウスでの音響を支えるミキサー(mixer)という機材もリハーサルスタジオに設置してあります。

そのため、リハーサルスタジオで練習すれば、ライブハウスのライブ本番とほぼ同じ環境で練習ができます!

それに、リハーサルスタジオには、ミキサーの他にもドラムセットがあります。

よって、バンドでの練習も可能なのです。

こういったメリットがたくさんありますがデメリットもあります。

それは、カラオケボックスよりも利用料金がかかることです。

これは、借りる部屋の広さや設備によっても違います。

ちなみに私が利用したスタジオの、一番小さい部屋でドラム付きの部屋を借りれば、1時間/900円でした。(2人で入ると1人450円)

カラオケボックスでは、6〜7時間利用しても1000円前後で済みます。

しかし、スタジオでは1時間でカラオケボックスのフリータイムとほぼ同じ値段がかかるのです。

ですから、リハーサルスタジオは料金がかかるということがよくわかります。

そのため、リハーサルスタジオはライブ本番前に利用するのがいいです。

自宅

ギターを練習するおすすめの場所の6つ目は、自宅です。

これができたら一番いいですよね。

なぜなら、お金もかかりませんし、野外と違って天候にも左右されないからです。

一日中練習することも可能です。

しかし、デメリットもあります。

それは、近所迷惑になりやすいことです。

特に、マンションやアパートでは大きな音を出しにくいです。

なぜなら、ギターの大きな音は騒音と思われることも多く、練習しづらいのです。

この場合は、エレキギターで練習することを勧めます。

なぜなら、エレキはアコギよりも音が響かないからです。

なので、お金はかかりますがギターは、アコギとエレキの両方を買いましょう。

アコギとエレキでは弦の太さが違います。

ですから、アコギの練習をしたいのであればエレキにアコギの弦を張りましょう。

そうすればエレキでもアコギと同様の練習ができます。

エレキの小さな音でも、近所迷惑になる場合は練習はやめましょう。

どこで練習するのがいいのか

今まで、ギターを練習するおすすめの場所を6ヶ所紹介してきました。

一番私がおすすめするのは、やはり自宅です。

先程もお伝えしたようにお金がかからず、天候にも左右されないからです。

次におすすめするのが、カラオケボックスとリハーサルスタジオです。

カラオケボックスは、普段家で練習できない場合は利用するといいです。

リハーサルスタジオは、家で普段練習できる場合でもライブ本番前に利用するべきです。

なぜならライブ会場とほぼ同じ環境で演奏できるからです。

自宅だとライブ会場と環境が違います。そのため普段の実力が出せないこともあります。

ですからリハーサルスタジオで練習して本番の環境に慣れることが必要です。

よってリハーサルスタジオの練習も行うことを推奨します。

以上の話をまとめますと、一番おすすめするのは自宅。

自宅で練習出来なければ、カラオケボックス。

本番前は、リハーサルスタジオで練習するということです。

まとめ

本日の記事はいかがでしたでしょうか。

話をまとめると下記の通りになります。

・ギターを練習するおすすめの場所は、公園や河原、公民館、カラオケボックス、車の中、リハーサルスタジオ、自宅。

・一番おすすめするのは自宅

・アコギを自宅で練習する時は、エレキギターにアコギの弦をつけて練習する

・自宅でエレキでのギター練習もできない場合は、カラオケボックスとスタジオを使う。

・カラオケボックスは普段の練習に使い、スタジオはライブ本番前に使う

と、いうことでした。

最後までご覧頂き、ありがとうございます。

   
関連ページ