アコギのストラップの付け方、取り付け方、紐の結び方、かけ方

Pocket

こんにちは、シンガーソングライターの山田啓太です!

Twitter→@PON1240

あなたは、ギターのストラップの付け方、取り付け方、紐の結び方、かけ方を知っていますか。

ストラップをつければ立ってギターを演奏できます。

見た目もスマートでカッコよくなります。

そこで今日はギターのストラップのつけ方、取り付け方についてお話します。

エンドピンに取り付ける

アコギのボディの下にエンドピンと呼ばれているピンがついています。

まずは、このピンにストラップを取り付けます。

こうなります。

最初つけるときは、ストラップの穴が広げにくいです。

なので、ペンを穴に通して生地を柔らかくします。

そうすることで取り付けやすくなります。

エンドピンにストラップをつけたあとは、ストラップロックをつけましょう。

ストラップロックとはこれです。

なぜなら、ストラップが固定されていないと、演奏中に外れてしまう恐れがあるからです。

ですから、ストラップロックをつけることをおすすめします。

もう片側をつける

エンドピンにストラップをつけたら、もう片側を取り付けます。

付け方は大きく分けると2種類あります。

ヘッドにつける

1つ目の方法はヘッドに紐で取り付ける方法です。

紐の取り付け方は決まりはありませんが、蝶々結びでつける人が多いです。

出典:Amazon

紐で取り付ける方法が苦手な人には、このようなタイプもあります。

これなら、紐を取り付けて止めるだけなので非常に楽です。

ストラップピンに止める

2つ目の方法は、ストラップピンに止める方法です。

ギターのネックの下側にストラップピンがついていればここに止められます。

私が使っているエレアコはストラップピンがついているので、ここに止めてます。

先程と同様にストラップの穴が広げにくい場合は、ペンを穴に通して柔らかくしましょう。

ちなみに、アコギだと、ストラップピンがついていないことが多いです。

ですから、ヘッドに取り付けることが多いです。

アコギでも、あとからストラップピンを取り付ける方法があります。

しかし、それは自分で取り付けようとするとギターが壊れてしまう恐れもあります。

ですから、楽器屋さんに行って取り付けてもらった方が安全です。

ちなみにエレキだと、ストラップピンがついていることが多いです。

なので、エレキから始めた人はストラップピンがあるものの方を選んだ方がいいかもしれません。

ただし、あくまで好みの問題なので自分が使いやすいと思う方を選びましょう。

まとめ

本日の記事はいかがでしたでしょうか。

話をまとめると下記になります。

・ストラップは、まずエンドピンにつける。

・ピンにつけるときはストラップロックをつける

・エンドピンにつけたあとは、ヘッドに紐でつけるか、ストラップピンにつける

・アコギの場合はストラップピンを後からつけることができる

ということでした。

最後までご覧頂きありがとうございます。

   
関連ページ