レッスンを無駄にしない、ボイトレ 先生の選び方

Pocket

こんにちは、シンガーソングライターの山田啓太です。

Twitter→@PON1240

あなたは、歌がうまくなるためにボイストレーニングを習いたいと思ったことはないでしょうか。

でも、ボイストレーニングを習う際、どうやって先生を選んだらよいかわからないと思う人は多いはずです。

私も歌が上手くなりたいと思って、ボイストレーニングを3名の方に習って来ました。

色々な先生に習って来てどのような先生にボイストレーニングを習うとよいのかわかったことをお話します。

 

個人レッスンで習いましょう

レッスンは個人で習った方がいいです。

何故ならば、グループレッスンで習うと、個人の時間が減るからです。

同じ1時間のレッスンでも個人なら1時間先生教えて頂けますが、グループでは個人辺りの時間が減ります。

3人いた場合は一人辺りの20分ほどになってしまいます。

またグループでは、人それぞれで実力差があります。

そのため、レッスンの流れとして、グループレッスンは初心者に合わせてレッスンを進めます。

また、グループレッスンは個人に割く時間が少ないので、質問がしにくいです。

色々な教室の体験レッスンを受けよう

体験レッスンがあるボイトレ教室は多いです。自分で調べて興味が湧いた教室に体験レッスンを受けて下さい。

ボイトレ教室といっても、教室によって雰囲気や教え方が全然違います。

1件目より、良いところが見つかる可能性も十分あります。

そのため、より自分に合った所を見つけるには、何件かあたってみる必要があります。

ポイントとして体験レッスンの際に講師に色んな質問をして的確に答えられるかも重要です。

講師との相性を考える

 

人間、相性はどうしてもあります。

自分の性格に合わない講師に習っていてもレッスン自体に身が入らなくなったり、モチベーションが下がる可能性があります。

これは体験レッスンの1回では分かりにくいと思いますが、実際にレッスンに通ってどうしても自分に合わないと感じた場合は、思いきって辞めてもよいと思います。

1年毎にレッスンを振り返ろう

 

ボイストレーニングを習う際は1年毎に目標をたてて取り組んだ方がよいです。

そして1年のまとめとして自分の目標が達成できたかを振り返ります。

この際、目標に達成できなかった場合はその原因を考えます。

原因がわからなければ、先生に質問してもよいと思います。

先生にその原因を答えて頂けない場合は、あなたのことをちゃんと見ていないのか、経験や知識が浅い可能性があります。

言い方悪いですね(^-^;

すいません。

もし、達成できなくても、翌年には目標を達成できるように努力しましょう。

 

先生を評価しよう

生徒よりも先生の方が当然実力や知識があります。

ただし、実力や知識がある先生が教え方が上手いとは限りません。

野球やサッカーでも、名プレイヤーが優れた監督になるとは限りませんよね。

先に述べたように1年毎に目標を設定する。そして、その目標に達成できたか振り返ると、レッスンの質がわかります。

もちろん自分で全く練習しないのはだめです笑

先生のアドバイスを頂き練習を続けても、実力が上がらない場合その先生のもとで習わない方がいいです。

言い方が悪いですが、その先生の教え方が悪い可能性が高いです。

一番悪いのは、先生に習っていて実力が身に付かないのに、何年もレッスンに通い続けることです。

時間とお金を無駄にしてしまいます。

そのため、1年後毎に目標を立てるのです。

最も習い初めて半年程、1年弱ではレッスンの評価、先生の評価は難しいです。

そのため2年は習った方がいいと思います。

くれぐれも

・先生に会いたいからレッスンに通う。

・レッスンがただ面白いからレッスンに通う。

この2つの考えは捨てましょう。あくまで歌がうまくなることが目的なのですから。

まとめ

これまで紹介したように、ボイストレーニングを習う際は、個人レッスンで習いましょう」「色々な教室の体験レッスンを受けよう」「講師との相性を考える」「1年毎にレッスンを振り返ろう」「先生の評価をしよう」の5つのポイントを考えましょう。

この記事で紹介したポイントから先生を選ぶと、無駄な時間とお金をかけずにボイストレーニングを学べ歌が上手くなれると思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。

   
関連ページ